ダイエット停滞期からチートデイで脱出!ダイエットの効果を高めよう

ダイエットの知識
ダイエットの味方編集部
ダイエットの味方編集部

この記事ではチートデイについて知ることができます。

チートデイを上手く活用してダイエットの停滞期を脱出しましょう!

ダイエットをしているとどうしても訪れるのが停滞期ですよね。停滞期に苦しんでいるあなたにおすすめなのがチートデイという停滞期を脱出することができるかもしれない特殊な方法です。

 

チートデイはダイエットでは考えられない「気にせず好きなものを食べる日」なのです。これはどういうことなのでしょう?チートデイについて詳しくみていきたいと思います。

 

チートデイとは?ダイエット中だけど停滞期に1日だけ好きなものを食べる日

チートという言葉を翻訳すると「騙す」という意味になります。チートデイは騙す日ということになりますね。

騙す日とはどういうことなのでしょうか?詳しく解説しますね。

 

ダイエットを行っているときは食事制限、糖質制限など食事の量を減らすのが一般的でしょう。しかし身体は食事を少なくするとその食事量に適応しようとします。つまり少ないエネルギーで身体を動かせるように身体が次第に慣れていくのです。

 

これがいわゆるダイエットの停滞期となってしまいます。ダイエット始めたばかりのころは順調に体重が減っていきますが、次第に身体が少ないカロリーの生活に慣れていき、体重が減らなくなってしまいます。

 

なぜなら身体が防衛本能で「エネルギーを補給できない危機的状況」と判断して少ないエネルギーで動ける、飢餓状態、省エネモードに切り替わってしまうのです。これは人間に必要な機能でホメオスタシス(恒常性)と呼ばれる機能です。

 

 

つまりチートデイは危機的状況ではないことを身体に示すために約2週間に1度ほどのペースでチートデイを設けて身体を騙すことで、省エネモードをやめさせるという方法です。

 

例えば普段は1日1500kcalの摂取量だったとしたら、チートデイに何も気にせず好きなものを食べて2倍の3000kcal、3倍の4500kcalを摂取するということになります。(チートデイは基本的にカロリーの上限が無い)

 

もちろんその日・次の日は食べた分体重が増えますが、身体は危機的状況ではないと判断し、チートデイから2日後以降辺りから、また順調に体重が落ちていきます。

 

 

チートデイは好きな食べ物を我慢するダイエットでのストレス発散にも使えるので、ストレスを発散させるためにもチートデイはおすすめですよ。

 

ダイエットの味方編集部
ダイエットの味方編集部

人間って本当に賢いですね!自分が置かれている状況を食事から自然に判断するなんて!

チートデイはダイエット停滞期に行わないと逆効果なので注意!

チートデイを行うにはとても大事なことなので、チートデイのやり方を解説する前に言っておきたいと思います。

 

チートデイはダイエットの停滞期に行いましょう。本当にこれは大切なことです。ダイエットを始めて数日ほどで「停滞期だ」と判断して、チートデイを行ってもそれはただ単に好きなものを食べたいだけと言えます。

 

ダイエット停滞期ではないのにも関わらず、チートデイを設けてしまうとただ普通に多く食べる日なだけで、太ってしまい逆効果となります。

 

 

ダイエットを数ヶ月行って、明らかに体重が落ちにくくなってきたと感じたときにチートデイを設けるように気をつけましょう。

 

ダイエット停滞期に行うチートデイの正しいルール・やり方

ダイエットの味方編集部
ダイエットの味方編集部

それではチートデイの正しいやり方をみていきましょう。

チートデイは間違った方法だと逆効果なのでしっかりやり方を知っておきましょうね。

チートデイやり方①2週間~3週間に1回程度にする

チートデイを設ける頻度は約2週間~3週間に1回程度にしましょう。あまりにも頻繁にチートデイ繰り返してしまうとただただカロリーを多く摂取しているだけになってしまいます。

 

個人差はありますが最低でも10日に1回ほどの頻度でチートデイを設けるのがいいですね。

チートデイやり方②チートデイの期間は1日だけにする

チートデイの期間は1日にしましょう。仮にチートデイの日に1日3食ならその3食好きなものを食べて、次の日からいつも通りのダイエットメニューに戻すというルールにしましょう。

 

もし体重が順調に減っていて余裕があるなら1日目の3食、2日目の1食を好きなものを食べるという合計4食という方法もおすすめです。

チートデイやり方③ある程度痩せた段階で行う

先ほどもちらっと出てきましたがダイエットを始めて数日~数週間という段階で「停滞期になったかな」と判断してしまい、チートデイを設けてしまうとリバウンドの原因になってしまいます。

 

ダイエットを始めてある程度体重が落ちた段階で、「以前よりも体重が減らない」「体重が変わらなくなった」と感じたらチートデイを設けるかを考えましょう。

目安としては1、2ヶ月ダイエットを行って体重の変化を感じにくくなったらチートデイを設けるか考えるといいですね。

ダイエット停滞期にチートデイを行う際の注意点・コツ

ダイエットの味方編集部
ダイエットの味方編集部

チートデイを行う際の注意点をみていきましょう。

先ほども出てきたことと重複することもありますがチートデイを失敗しないために注意点とコツを抑えておきましょう。

チートデイ注意点①強い意志を持って行う

チートデイは停滞期を脱出できるし、ストレスも発散できて最高!と思ってしまいますが、実はリスクの高いダイエット方法ということを知っておく必要があります

 

なぜなら1度好きな物を好きなだけ食べてしまうといつものダイエットメニューに戻せなくなるというリスクが潜んでいます

チートデイを設けるときはチートデイが終わったら気持ちを切り替えるという強い意志を持って行いましょう。

食べ物だけでなく、買い物や旅行などの趣味でも満足感を得られるので、切り替えられる自信が無い場合は食べ物以外もおすすめです。

チートデイ注意点②停滞期だとしっかり判断できたらチートデイを設ける

先ほども出てきましたが、あくまでもチートデイは停滞期だと判断できたときにチートデイを設ける必要があります。

ダイエットを始めて数日~数週間程度で停滞期と判断してしまっては、リバウンドの原因になってしまいますからね。

 

最終的には自分で停滞期と判断するしかありませんが、目安として1、2ヶ月はダイエットを行って、体重が落ちにくくなったらという基準にしましょう。

チートデイ注意点③チートデイでの摂取カロリーは自己判断するしかない

チートデイは好きな物を食べる日ですが、通常の倍程度の摂取カロリーにするのか、全く気にせず好きな物を好きなだけ食べるというようにするのか、同じチートデイでも少々個人によって変わってきます。

 

チートデイでの摂取カロリーは自分で判断するしかありませんが、チートデイを初めて行う方はエネルギーに変わりやすく脂肪になりにくいタンパク質を多めに摂取するとリバウンドに怯えずにチートデイを楽しむことができますよ。

チートデイを上手く活用してダイエット停滞期を脱出しよう!

チートデイはたまに好きな物を食べて身体を騙し、低燃費状態・停滞期を脱出するためのダイエット方法・ストレス発散方法ということがわかりましたね。

 

人間は賢いのでダイエットで少ない食事で過ごしているとご飯を食べられない危機的状態と判断し、少ないカロリーで過ごせる低燃費状態になってしまいます。そこでチートデイでご飯が食べられない状況ではありませんよ~と身体を騙してあげるのですね。

ダイエットの味方編集部
ダイエットの味方編集部

チートデイを上手く活用して停滞期を脱出しましょう!

とにかくチートデイを楽しむことが大切ですよ。

チートデイについてのまとめ

  • チートデイは好きな物を食べてダイエットの停滞期を脱する方法
  • ダイエットをしていると身体が低燃費状態になるのでチートデイで身体を騙す
  • 2、3週間に1回程度の頻度でチートデイを設けよう
  • ダイエットの停滞期としっかり判断してからチートデイを設けよう
  • チートデイが終わったらダイエットメニューに戻すという強い意思を持とう
  • 摂取カロリーは自己判断で、初心者はタンパク質を多く摂るのがおすすめ

 

コメント